日商簿記1級を独学で学ぶなら|未来を切り開け

男性

有効な時間と学び

勉強

自分にあった通信教育を見つけ、取り組むことは時間を有効活用できるだけでなく自分自身のスキルアップにもつながるはずです。せっかくするからには、とにかく継続できるよう、毎日取り組み、学びの習慣をつけることを目標にして頑張ってみましょう。

詳細

自分のペースで資格取得

メンズ

時代の変化に対応して生きていくためには、自分のスキルアップをしておく必要があります。そういった時に利用しやすいのが、通信講座で、利用する人のスタイルに合わせて選択し、習得しやすい環境を提供しています。

詳細

上級資格への登竜門

電卓と書類

片手間では難しい

日商簿記1級は、会計士や税理士と言った上級資格への登竜門として受験する方が多い資格です。そのため難易度も高く、一般の資格中でも、取得の難しい資格になります。日商簿記2級を取得済みの方でも、日商簿記1級の内容は新たに学習する分野が多く、全く別の資格として考えても良いくらい、内容が多岐に渡ります。そのため、独学での取得は、無理ではありませんが、非常に難しいため、しっかりとした計画を立てて、時間をかけて行う必要があります。日々の学習時間が合格へ直接つながることになるため、学習時間の確保は絶対条件になります。ただ、テキストについては、多くの会社から出版されており、自分に合ったものを選ぶことができます。

2級から学習を始める

日商簿記1級の独学での取得は、先ほどの記述にもあったように、非常に難易度の高いことです。そのため、まずは基礎知識を得るために、日商簿記の2級の学習から始めることがオススメです。2級の学習をする中で、必要とあれば、3級の学習から始めても良いとは思いますが、そうなると、学習時間がさらに必要になるため、2級の内容の学習から始めるのがよいです。日商簿記の2級に関しては、独学での取得が十分可能な資格になるので、まずは、独学で学習を始めるにもちょうど良い難易度です。もし、2級の内容で苦戦してしまうようであれば、日商簿記1級の取得には、独学だけではなく、学校や講座での学習も視野に入れて学習計画を作る必要があります。

好きな時間で学ぶ

学生

キャリアアップを図る目的での専門学校での学び方は主流となりつつありますが、事情によって教育を受けたくとも授業や、時間割通りの学びが難しい場合には通信教育を受けることが可能です。この結果、幅広い年代で様々な学びが広がり、資格取得率も高まっています。

詳細